普段本当に使ってる?ミシンはレンタルのほうが便利でお得!

ミシンを購入というのは、誰でも一度は考えるものです。

一人暮らしを始める時とか、結婚を期に購入に踏み切る人もいるでしょう。

また縫い物に関心があって、手作りにこだわり始めた場合も、ミシンは必要不可欠な道具になります。

でも今家にあるミシン、本当に利用していますか。

ミシンを購入したものの

張り切ってミシンを購入、休みの日には自分で使う小物や既製服のちょっとしたアレンジを、と最初は張り切っているものです。

もちろん子供が生まれる前など、赤ちゃんのための服とか小物を縫うのに、ミシンを多用する人も多いです。

独立して一人暮らしを始めるのでミシンを購入

家では親がちょっとした縫い物や、繕い物をしてくれていたので不自由無かったけど、一人暮らしだとそういったことも自分で、なのでミシンを購入に走る人多いですね。

しかし本当にそれを有用に使うことが出来ている人は、実際少ないのです。

大学進学などで家を出た場合も、学業と付き合いやその他で、帰宅は毎日遅くなることも多いです。

なにか縫おうと思っていても、時間もないしとりあえず購入してしまおう、ということのほうが多いのですね。

また就職を機会に自宅を出た場合も、1台ミシンがあれば便利だろうと考えての購入は多いです。

こちらも実はその後、仕事の忙しさや会社の付き合いに取引先との付き合いなどで、結局ミシンは放置になってしまうことは少なくありません。

休みの日は疲れていて、縫い物どころじゃないということにもなるのです。

子供が出来たのでミシンを購入

ミシンを購入するのに最も大きな理由になるのが、子供の誕生です。

自分の子供には手作りの服を着せたいと考えて、張り切ってミシンを購入する人は非常に多いのです。

実際、妊娠中に子供のためにミシンを使って幼児服など作るお母さん予備軍もいます。

でもつわりのため、それどころじゃなくなることもあるんですね。

幼稚園に入れば、色々と名前付けとか道具袋の用意も必要になるので、その時に利用しようと思ったりもします。

これが、経験者にはわかることですが、小さな子供のいる家庭での落ち着いた縫い物などは、殆どの場合不可能に近いのです。

子供に振り回されて結果、縫い物どころではなくなるという、既製品の購入に走るということになってしまうのですね。

趣味やセミプロでのミシンの利用なら

これがかなり打ち込んだ趣味や、もしくはセミプロ級の腕前の手作り洋服や小物の製作者なら、または話は違ってきます。

と言っても実は、こうした人達の場合も家にそれほど多くのミシンを置いておくことは不可能なのです。

あまりミシンについて知らない人の場合、1台あれば全部の縫い物が出来ると思ってしまいがちです。

しかしプロ級の腕前になると、それこそ今度は生地や制作物によっても、使うミシンを選びたくなってくるのです。

いわゆるプロのこだわりですね。

1台では足りないけどでも家に全部おいておくことは、もちろん出来ません。

普通の家ならなおさらのことです。

ミシンのレンタルはあらゆる人におすすめ

ミシンレンタルは実は、コスパ的にも家の場所的にも非常におすすめできる方法です。

赤ちゃん用の服を縫ったりする人の場合

特に赤ちゃんや、その後の幼児の時代には、それなりにミシンの出番は多いです。

赤ちゃんの着るものは特に手作りでなくても用は足りますが、幼稚園や保育園の名前付けや道具袋のアップリケなどの縫い物、これはミシンがあったほうが便利です。

しかし子供が大きくなるのはあっというです。

気がついたら特に名前付ける必要も、服にアップリケや刺繍する必要もなくなり、ミシンはホコリを被っている状態になってしまうこともあります。

それだけならともかく、ミシンをしまってあるクローゼットや納戸の場所ふさぎと認知されてしまうこともあるのです。

一過性での使用が明らかな場合は、ミシンはレンタルがおすすめです。

また一人暮らし開始で使うかどうか不明な場合も、特にその時に用意するよりも必要になったらレンタル、と割り切るほうがお得です。

かなり縫い物はするし趣味を極めている場合

すでに縫い物自体がある意味、自分のアイデンティティと言う人もいます。

なのでミシンはもちろん必要不可欠な存在、側にあって当然の友人のようなものと自覚している人も多いです。

しかしこの友人、多く家に入れないことも事実です。

置き場所の余裕もそうはありません。

完全にプロで仕事にしている人以外の場合は、やはり場所を取りすぎることになります。

こういった場合もベーシックな1台、最も普段から利用するタイプのミシンを1台だけ常備しておくのがおすすめです。

後は必要に応じてレンタルミシンで補っていきましょう。

手入れもよくされたレンタルミシンのほうが、普段あまり利用しないのでしまっておいただけのものを出して使うよりも、おすすめですね。

メンテもよくされているので、届いてすぐに使えます。

何よりも場所を取りません。

セミプロ級の人にも、ミシンのレンタルはおすすめしたいですね。

まとめ

レンタルと言うとなんとなく、人が使ったものをまた使うという感覚があります。

そのために二の足を踏む人も多いのですが、普段使わない製品はこのレンタルを利用したいですね。

家電製品の中でもミシンは、使用頻度が高いときと低い時が極端に違ってきます。

こうした品こそレンタルをうまく利用、お金と場所の節約をしていきましょう。