時々見かけるロックミシンって普通のミシンとは違うの?どういう時に使うミシン?

ミシンの専門店や通販で、ロックミシンというものを見かけることがよくあります。

糸が本体の上の方に出ていて、普通のミシンとは見た目から違うので、あれは一体どういったミシンなんだろうと不思議に思う人もいるでしょう。

ロックミシンってどんなミシンで何が出来るミシンなのか、考えてみませんか。

ロックミシンって普通のミシンと何が違う

まず構造的にですが、普通のミシンは下糸と上糸で布地を縫っていきます。

ロックミシンの場合には、下糸がありません。

なのでボビンケースなどセットする必要もないのです。

次に違うのは、普通のミシンなら布の中心部だって縫うことが出来ますが、ロックミシンはそれが出来ません。

布の端だけを縫うのが、ロックミシンなのです。

それじゃあ使い勝手が良くない、役に立たないんじゃない、と考えてしまう人がいるかも知れませんが、実は洋服を縫うには最適のミシンなのです。

ロックミシンで出来ること

では簡単に、ロックミシンで出来ることを上げていきますね。

洋服の裾などのかがり縫い

スカートにしてもパンツにしても、裾が切りっぱなしではほつれてしまいます。

なので市販品など見てみると、きれいにミシンがけで処理されていますね。

自分で手縫いでの処理とは比べ物になりません。

このかがり縫いも、ロックミシンの得意とするところです。

きれいに布の端を処理したい時には、ロックミシンの使用がおすすめです。

生地を縫い合わせる

洋服を作る時には、必須の生地の縫い合わせ、これもロックミシンなら楽にできます。

しかも単に縫い合わせるだけでなく、一緒に布の端のかがり縫いもやっていってくれます。

二度手間がなく、縫うのとかがるのを一緒にやってくれるのです。

まさに一石二鳥ですね。

付属のカッターを利用すれば、布はしのカットしつつ縫っていってくれますから、二鳥ではなく一石三鳥の利用ができます。

この性能は特に、ジャージやニットなどのストレッチ生地に有効です。

伸び縮みする生地は、普通のミシンの縫い方では対応ができません。

ロックミシンの独壇場と言えますね。

巻ロックもできる

薄いオーガンディーの生地で作られた小物、その端がきれいに巻き込むように縫われているのに、気がついたことはありませんか。

本当に細い、1ミリちょっとのかがり縫いです。

これもロックミシンだからこそ出来る、かがり縫いなのです。

この細い、薄い布地の軽やかさを邪魔しない縫い方は、ロックミシン以外にはまず出来ません。

ロックミシンは洋服を縫うには最適のミシン

布端を縫うことが出来て、しかもカットしつつかがり縫いも出来る、薄い布地なら巻ロックも可能となれば、洋服を縫うに関しての条件、オールクリアですね。

そうなんです、洋服を縫うという目的を持ってミシンを購入という時には、このロックミシンが最もおすすめできるミシンなのです。

特にお子さんの洋服を縫う機会が多いお母さんなどの場合、Tシャツだって縫うことの出来るロックミシンは1台家に欲しいところですね。

また自分の洋服を手作りでと燃えている人にも、普通のミシンだけでなく1台ロックミシンを用意しておくのがおすすめです。

全体的な縫製はロックミシンで、ボタン付けなどは普通のミシンでと役目を分ければ、どちらのミシンも有効に使えます。

ロックミシンには糸の本数で違いも

ロックミシンを見てみると、上に見えている糸の数が違うのに、気が付きませんか。

2本糸、3本糸、4本糸など様々な糸の本数がありますね。

機種によってこの使える本数が違いますので、ここにも注意してください。

ニットやジャージなどストレッチの大きな素材を縫う時は、2本糸だとちょっと頼りないものです。

布の伸縮性に、負けてしまう可能性がありますね。

特に伸縮性の強い、タイツなどに使うストレッチ生地の場合、4本糸で縫うのがおすすめです。

もしそうした用途での使用の場合は、2本針4本糸のロックミシンを選んで購入してください。

やはり初心者の場合は

ロックミシンの場合、ある意味非常に単純なミシンでありながら、普段は使用しないミシンでもあります。

なのでロックミシンデビューの場合はやはり、専門店での相談購入がおすすめです。

普通のミシンに比べるとそれなりに高額ですし、4本糸の機種になるとかなりお値段がします。

そのあたりも計算に入れる必要があります。

何と言ってもきちんと使えてこそのミシンですので、利用方法に見合った機種を選びたいですね。

通販などだともっと安く手に入れられますが、それでも説明と見て触って感覚を掴むと言う実店舗での購入には、大きな違いがあります。

特にロックミシン初心者には、こうした専門店での購入をおすすめしたいです。

ただ専門店の場合、値引きについては期待ができないことが多いので、お財布の準備も怠り無くしていってくださいね。

まとめ

ロックミシンは何となく、プロの使うもので普通の家庭には縁が無いようにも思われています。

しかし洋服を縫うという目的に対しては、このミシンが最も適した性能を持っているのです。

縫製という点に関しては、これが1台あるだけでぐっと手作りの範囲が広がってきます。

うまく利用して、手作り洋服を作っていってください。